僕の旅

ちょっと気になった記事
▼過去15件表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
元の記事[--/--/--(--) --:--:--] | トラックバック(-) |
ベルリン&ロンドン一人旅 録 と25歳になった自分

9/18~26日、ベルリン4泊、ロンドン3泊の旅。

最大のイベントはベルリンマラソン。



今回の旅はマラソン以外にも7泊9日ということもあり、

ゆっくりと観光ができました。

時間があるだけに、「考える、考えさせられる」旅だったと思います。

日々忙しく過ごしている時間から開放されて、無駄にある時間を過ごすのは

とっても心地よくボーっと考え込んでしまいます。

意味もなく1時間人が行きかう観光スポットの真ん中であぐらかいて考えたり、

オープンカフェにずっと居たり、贅沢な時間の使い方ですね。

これも一人での旅だからできることだし、やっぱ一人旅はやめられないですね。


ベルリンマラソンは当初強気に3時間切るといっておきながら、

結果3:50という情けない結果でした。

シドニーマラソンよりタイムが落ちたのがショック。

言い訳ですが、練習のし過ぎで膝を痛めてしまったので、、、と言いたいとこですが、

今の自分は3時間切るのは最高のコンディションでも全然無理ですね。

もうでかい口たたくのは止めます。

でも来年も3時間切りを目標にはしたいと思います。

不可能だと思っていることを可能にするぐらいにならなくちゃ、

でかい人間にはなれないですからね。

きっと3年以内にはやりとげて見せます。



ベルリンまで来ると日本人がほとんどいないですね。

前回のシドニーマラソン同様、サッカーの日本代表ユニフォームを着て走りましたが

日本語で「ガンバレ~」と聞こえたのは3回ぐらいでした。

ベルリンもそうですがロンドンも日本人はほとんどいなく、

今回は全く日本語をしゃべりませんでした。

一人旅もなんだかんだで結構してきたから、日本人がいなくても、

英語がしゃべられなくても不安とかないし、変に落ち着いちゃいました。

旅行の準備も海外旅行に行くなんて思えないぐらい適当で、

仕事が半端なく忙しかったせいもあり、パスポートの更新が

ギリギリの2日前にでき、出発の準備したのは家を出る5時間前。

2時間で用意して、3時間寝て、早朝に出発。

ベルリン着いてみたら忘れ物だらけでしたけど。

地球の歩き方を事前に買ってましたが開いたのは現地着いてから。

これはさすがに適当すぎですね。



さて、いつもどおり少し思い出を載せます。

まずベルリン。


■ベルリン観光

ドイツ連邦議会議事堂  ユダヤ人犠牲者記念館

ベルリン大聖堂前にて  ベルリン大聖堂

船上からの街並み  television tower

ベルリンマラソン完走後  ベルリンマラソン

赤の市庁舎  ジャンダルメンマルクト

アート   ベルリンの壁

ユダヤ博物館2  ユダヤ博物館1

壁アート  ブランデンブルク門

戦勝記念塔ジーゲスゾイレ  


■ベルリンでの食卓

間食(アレキサンダープラッツ)  夕食(Hackescher Markt)

間食(中央駅) 朝食(オストバーンホフ)

夕食(ソニーセンター) 昼食(ベルリンの壁博物館近く)

この街、好きです。

壁という壁は落書き。でもそれは悪い意味じゃなく、文化になってる気がします。

人の家だろうが学校だろうが公共の場だろうが関係なさそうです。

都会なのにどこか平然としていて、物静か。

街頭も多くなく意外と夜の星がきれいに見えます。

電車は改札がなく、チケットを買うかどうかは人の善意?任せ?

でもたまに電車内を駅員が回ってるのでちゃんと買いましょう。

電車内は自転車持込OK、犬もOKで日本とは随分と違います。

電車のドアが開くのがやたらと早く、止まる前に開くのにはちょっとびびりました。

路線がちょっと分かりづらいですが、ドイツの方は親切な人が多いのか、

やさしく教えてくれます。

本当にこういうのって外国人の僕にとってはとってもありがたいことです。

日本でも困っている外国人の方々をよく見かけますが声をかける日本人はほとんどいません。

もし、自分が同じ境遇だったらどうか、是非考えてもらいたいです。

英語がしゃべれなくても僕は人としてこれからも困っている人がいたら

声をかけ続けようと思います。


さて、次にロンドン。

■ロンドン観光

ヴィクトリア駅前  BIG BUS

ガーキン  トラファルガー広場

中華街  エロスの像

バス上からの景色  UNDERGROUND

タワーブリッジ  ウェンスターミンスター寺院

ロンドン塔  大英博物館

夕日に浮かぶ船  TATE MODERN前の橋

ビッグベン


■ロンドン ファストファッション

uniqlo VS H&M  uniqlo

H&M  ZARA

next  MUJI

oasis  ロンドン三越


■ロンドンでの食卓

ヘルツの鞄 in LONDON  夕食(Scotts Steak House)

昼食(PIZZA EXPRESS)  昼食(wasabiのカレー)

夕食(Steak House)


ロンドンは何でもかっこいいです。

何と言ってもビッグ・ベン(国会議事堂)は最高にかっこいいです。

そして観光がしやすい街ですね。

観光バスがたくさんあるし、一般バスも地下鉄もかなり整備されてます。

僕もロンドン着いてホテルのチェックインまで時間があったんで、

即効でBIG BUS(観光バス)に乗って街の主要なスポットを見て回りました。

これだけで随分ロンドンの街を満喫できます。

後は大英博物館やTate Modernなど歴史や現代アートを見てたり、

ファッションめぐりをしたりと自由な時間を過ごせました。

ファッションに関してはユニクロとMUJIがかなりがんばってますね。

ファストファッションにおいて主要プレーヤーはH&M、ZARA、ユニクロがメインで、

topshop、oasis、sprit、GAP、next、ユナイテッドカラーオブベネトンあたりが

追随しているような感じです。

百貨店の中にはAPEだとか、Y3だとかEVIS、EDWINなんかが入ってたりと

結構日本ブランド、特にメンズが頑張っている様に思います。


とまぁ、ゆっくりと自由な時間を過ごせた旅でした。



・・・分かってたことですが10月1日に大きな案件のサイトオープンを予定していたので

帰ってきた途端、怒涛の忙しさでしたね。

2日徹夜が続いたのはなかなか良い経験ができたと思います。

何とか10月1日にサイトオープンをすることができ、肩の荷が少し下りました。

僕はこの案件のおかげで、本当に大変でしたがめちゃくちゃ成長することができましたね。

どんなでかい案件でも、こなせる自信がつきました。

まぁ、そんな忙しい中でも一つとっても嬉しいことがありました。

9月28日僕の誕生日の日に彼女ができました。

ホノルルでの偶然の出会いから1年と9ヶ月かかりましたが、

今付き合えてることに幸せを感じます。

自分で言うのもなんですが、ドラマ以上にドラマ的な出会いから、再会、現在まで、

どんだけの奇跡が味方してくれたことか。

神様に感謝しきれません。

ホノルル一人旅
で記事を書きましたが、流れ星にお願いしたことをふと思い出しました。

流れ星は本当に願いをかなえてくれるのかもしれません。

まだ僕の最終的な願いはかなってはいませんが、このまま行けばきっとかないます。

流れ星にお願いするだけ本当に自分が強く思っているものだから、

それだけの強い思いがあれば大抵のことは実現するんだと思います。

そう考えると奇跡でも何でもなく、必然なのかもしれません。

思い続けること、願い続けること、そして行動すること。

これさえあれば、実現できないことの方がきっと少ないんじゃないでしょうか。


25歳になり振り返ってみて感じることは、

僕は色んな奇跡や仕事での経験、プライベートでの交流や行動。

本当に貴重な体験をありえないぐらいしていることを実感しています。

きっとこの若い時期の体験は今後の将来において大きな糧になることだと確信してます。

「幸せとは何か」

誰しもが考える議題ですが、僕の答えは自分の将来が見えていることだと感じます。

この議題を考えるときというのは大抵現状に不満がある場合です。

それは将来の自分が見えないことと同義です。

幸せを掴みたいのであれば、自分がどうありたいか、どうあるべきか、

そのためには何をすべきで、何を変えなければならないのか。

考え、信念を持ち、行動し続けることが幸せにつながるのだと思います。

将来の自分が、自分の目に見えていますか?


そんなくだらないことばかり考えていたベルリン、ロンドンの旅でした。


スポンサーサイト
コメントを書くor見る:2
あの娘に会いに北海道へ。

18日~20日、2泊3日で北海道(札幌&小樽)へ行ってきました。

目的は観光と言いつつ、本当は大好きな子がいる小樽へ会いにきただけです。

18日は札幌を観光。ラーメン巡りをしました。

てつや、けやき、すみれ、の三軒を一気にはしご。

この中ではけやきが一番うまかったかな。

てつや(味噌ラーメン)  けやき(札幌)

すみれ(札幌)

左上:てつや  右上:けやき

左下:すみれ


札幌駅  道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

札幌市時計台  札幌駅前通

札幌新ラーメン横丁



で2日目は待ちに待った小樽観光。

1日中その子に車で案内してもらいました。

小樽運河  

小樽運河

LeTAO(ルタオ)のドゥーブルフロマージュ  小樽オルゴール堂

左:ルタオのドゥーブルフロマージュ 右:オルゴール堂

天狗山  実家(イルミネーション)

左:天狗山 右:彼女の実家のイルミネーション

その他にも色々と巡りました。

小樽は埼玉の川越と似た雰囲気がしました。

食べ物は何でもおいしくて、いい街でしたね。



1日ずっといて、やっぱ本当にこの子が好きだと思いました。

人として俺が持ってないものを持ってる気がする。

でもって俺以上に素直に人生を楽しんでるね。

本当に魅力的で素敵な人です。何よりも笑顔が最高!

一生となりで笑ってて欲しい。なんて言えやしないけど、そんな感じ。



出会いって素晴らしいですね。

この子に出会う確立なんてありえないぐらい低くて、それ自体が本当に奇跡なんだよな。

って思います。

しかも出会った場所がホノルルって。

1年前ホノルルマラソン挑戦しなかったら出会う機会さえなかったわけだし。

しかも壊れたバイクで困っているとこに声をかけなかったら出会えてなかったわけで。

というかバイクが壊れてなかったらそもそもすれ違ってもなかった・・・・・。

やっぱり奇跡ですね。


「運命」っていう言葉があるのなら、運命の人がこの子だと良いなと心から思います。

コメントを書くor見る:4
中国(上海)一人旅 録+杭州&蘇州

12月29日から1月3日の6日間で中国の上海に一人旅に行きました。

今回の旅はネタになることばかりのとてもひどい旅になりましたね。

ここまで不幸が重なると笑えてきます。

というか単に僕の不注意なだけなんですけどね。。。

でも逆にいい思い出になった気もします。

そんな中国(上海、杭州、蘇州)一人旅の思い出の一部をご紹介。

まずは概略。

1日目(12月29日)

夜遅くに着いたのでホテル行って就寝。

2日目(12月30日)
スケボーで街中散策。
主に中国のファッション事情を知りたかったので主要ストリートや百貨店に行きました。
それと浦東でとてつもなくでかいビルやタワーを見学。
※この日の災難
スケボー乗って疲れて休憩しているとこに日本語を勉強中の中国人に出会う。
時間も余裕があったので一緒にお茶したら5万ボッタくられた。

3日目(12月31日)
引き続きスケボーで街中散策。
主要観光地やローカルなところを巡りました。
中国雑技団のショーも見ましたが、これは素晴らしいですね。
超エンターテイメントです。
そしてクラブ&バーでカウントダウン。
※この日の災難
カウントダウンの雰囲気と酔いに浮かれ、スケボーで外国人と遊んでいたら
いつの間にかマフラーが飛ばされてなくなってしまった。
5000円の損害。

4日目(1月1日)
新幹線で蘇州へ。
年始ということもあり人が多くチケット買うにも苦労しました。
結局蘇州の滞在は4時間ぐらい。
※この日の災難
新幹線の時間まで2時間もあったので駅前でスケボーの練習。
カメラがポケットから飛び出し、落下。
カメラの起動が不能に。
よってこの日は写真を一枚も撮れず。
翌日からは携帯のカメラで撮影。

5日目(1月2日)
新幹線で杭州へ。
これも同様にチケット購入に苦労しました。
杭州の滞在は3時間ぐらい。
※この日の災難
滞在時間が3時間しかなかったので、杭州で有名な西湖を1周しようとスケボーで回遊。
スケボーは中国じゃかなり珍しいので超注目を浴びます。
目立ちたがり屋の僕は気分を良くし、調子に乗ってトリックをかましまくってましたが
ウォーリーの着地に失敗し、転倒。スケボーだけが一人歩きし、そのまま湖へダイブ。
そして僕もすぐさまトランクス一丁になってダイブ。
真冬の湖は極寒で一分で諦めました。
さよなら相棒。西湖で安からに眠れ。
そんな僕の周りにはたくさんの中国人がたかってましたね。

6日目(1月3日
お土産買って、リニアモータカーで空港へ。
400キロ越えのスピードはヤバイ。
※この日の災難
特になし。これだけ災難が続けばさすがにもうないだろ。



とまぁこんな感じでスケボーがらみの災難が凄まじかった旅でした。

相棒がいなくなってしまったので今日また新しい相棒を作ってきました☆

今度の相棒は災難じゃなく、幸せを運んでくれると良いな。

災難が何かと続いている今日この頃なので、スケボー買いに行くついでに

大宮の氷川神社に参拝しに行って、厄除け、縁結びのお守りを買っときました。

おみくじも大吉が出たので今年はもう大丈夫!?


さて、話を戻しまして中国での写真もアップしておきます。

【上海の百貨店】

上海久光百貨店  Plaza66

梅龍鎮広場(伊勢丹)  梅龍鎮広場(伊勢丹2)

新世界  上海市第一百貨商店

上海市第一百貨商店(内部)  上海百聯世茂国際広場

上海時装商店  PARKSON百盛

永新百貨  東方商厦

上海綿江国際買物中心(伊勢丹)

日本の百貨店も進出していて想像していたよりも大規模でキレイで洗練されてました。

百貨店やデパートなど上海だけでも数多くあって今回載せたのは主要なところのみ。

ただ、思うのはカジュアル・若者向けの商品が十分でないなという気がしました。

レディースはまだしも、メンズでオシャレなブランドは見当たりません。

確かに市場的に若年層は魅力が薄いと言うのもありますが、

安くてカッコイイ上海ブランドが出てきてもいい頃なんじゃないでしょうか。

日本のストリートのような発展はまだこれからのようですね。


【SPAブランド】

上海H&M  上海ZARA

上海ユニクロ1  上海ユニクロ 2

H&MやZARAに比べて店舗の大きさ的にはユニクロは小規模でしたね。

立地はいいところに出してました。

まだ本格的な進出はこれからですね。

雑誌なんかは日本の雑誌がたくさんありました。

中国の会社の広告に浜崎あゆみ起用しているものがあったりと、

日本のファッションリーダーは中国でもファッションリーダーのようです。

広告では金城武がやたらと目にとまりましたね。

世界的に活躍しているだけあります。


【ストリート】

南京西路  南京東路

淮海中路  田子坊

ローカルな道  上海老街

田子坊がやばいオシャレです。これは中国のローカルな雰囲気と

他国の異文化が入り乱れてる感じで新しいファッションやカルチャーが

生まれそうな雰囲気を感じさせられます。

上海老街は中国らしい感じでいけてますね。

他の主要なストリートはキレイに整っているって感じで

日本で言う原宿、表参道、銀座あたりな感じです。


【観光・夜景・風景など】

静安寺  人民広場

漢字  犬

久光百貨のイルミネーション  東方明珠塔

東方明珠塔からの夜景1  東方明珠塔からの夜景2

金茂大厦88層観光庁  上海環球金融中心

スケボーと俺と夜景

杭州2  杭州1


人民広場でのスケボーは何か気分がいい。

海岸沿いで夜景を見ながらのスケボーも気分がいい。

ストリートでのスケボーも気分がいい。

上海は意外とスケボーやるには良い環境かもです。

警察が山ほどいますが注意を全くされませんでした。

外国人のスケーターと一緒にちょっとした道のスペースでスケボーやってると

野次馬がやたら集まってきます。

ちょっとしたトリックでもオォーという声が聞こえるのが何かイイ感じ。

別に大してうまくないのにうまくなった気分になります。

夜景はやっぱりすごいですね。

最近完成した世界一高いビル、上海ヒルズ(上海環球金融中心)はかっこいいですね。

さすが日本が世界に誇る森ビルの技術ですね。

角度を変えてみるとまるで刀のような表情をします。

この妖艶さがなんとも素敵です。

そして僕のスケボーが沈んだ西湖も景色は素敵です。

みなさん西湖をスケボーで周るようなことはしないようにしましょう。


【ご飯】

吉野家の牛丼  お好み焼き

牛肉のラーメン  ちょっと有名な店で食べたご飯

上海のご飯はおいしいですね。

世界各地のご飯を味わえますので、東京と同じ感じです。

ローカルな店とか屋台であれば200円以下で食べられるのでやっぱり安い。


【エンタメ】

中国雑技団の会場  中国雑技団の会場内部



中国雑技は最高のエンタメですね。

上海行ったら絶対見るべきです。

動画はカウントダウンのときのです。

クラブ兼バーになっててオシャレなところでした。



以上、楽しくも悲しい中国一人旅でした。

今年は最高にインパクトのあるスタートが切れたことだし、

この調子でこの一年を人生の中でインパクトのある年にしようと思います。


その他の旅録はこちら
コメントを書くor見る:2
オーストラリア一人旅 録(ケアンズ・エアーズロック・シドニー周遊)+マラソン

9/13~9/23にオーストラリア一人旅へ行ってきました。

メインの目的は21日に開催されるシドニーマラソン。

その前にオーストラリアのケアンズ、エアーズロックなどの名所をめぐり最後シドニー入り。

フルマラソン(42.195km)を走ってきました。

今回の旅では、自然の広大さと大地の力強さを体感し、人とつながる素晴らしさを再確認。

そして、とにかく自由に、とにかく遊び、とにかく何も考えず、とにかく本気な旅。

そんな一人旅の一部始終を少しだけ。


まずはケアンズ。

朝到着して、泊まるところのチェックインが15:00からなのでバッグ預けて

とりあえずバスに乗車。

乗ると動物園に行けるバスだったので暇つぶしに動物園へ。

コアラ ワニ

へんな動物  カンガルー

動物園から結構近かったので世界遺産のキュランダ(クランダ)へバスで移動。

キュランダ1  キュランダ2

ゴンドラでキュランダ一帯を一望。

世界遺産だけあって素晴らしい景色。そして頂上のキュランダの街へ

アボリジニ  キュランダ観光列車

キュランダ観光鉄道でキュランダからケアンズへ帰り、即寝。

2日目はさんご礁が盛り上がってできたグリーン島へ行ってきました。

この辺は世界遺産に登録されている、さんご礁地帯のグレートバリアリーフ。

島の散歩と透き通った海でシュノーケリング。

見たこともない世界がそこにはあります。

高速クルーザー  グリーンランド

3日目はケアンズの街をスケボーでぶらぶら。

ケアンズ(セントラル)  ケアンズ(標識)

ケアンズ(海岸沿い)  ケアンズ(スケボー)

ケアンズでの食事たち。

一人でiPodのビールアプリと寂しく乾杯。

一人乾杯  ケアンズ(ピザ)

アイスコーヒーはもはやパフェ。

ケアンズ(アイスコーヒー)  パイ

ラーメンは日本人がやってたんで、結構本格的。

キュランダ(ホットドッグ)  ケアンズ(ラーメン)  

オージービーフはやっぱりうまい。

ケアンズ(ステーキ) 

4日目、ケアンズからエアーズロックへ。

エアーズロック(ウルル)は度肝を抜きます。

日本からは考えられない風景の中にありえない威圧感のウルル。

夜になると日本では一生見ることができない、数え切れない星と天の川。

空は群青、夕日はまるで炎。夜空に浮かぶ月がこんなに明るく感じたことはありません。


泊まったアウトバックパイオニアホテルとその近くの道で撮った自分の影。

エアーズロック(アウトバックパイオニア)  エアーズロック(影)

天体望遠鏡越しに撮った月

エアーズロック(満月)  

エアーズロックに登ったときの写真
※本来はウルルはアボリジニにとって聖地であり、登るべき場所ではありません。

ただ、エアーズロック山頂から見える360度地平線の景色は凄すぎる。

エアーズロック頂上2  エアーズロック(カブトエビ)

エアーズロック(山頂からの景色) エアーズロック頂上

ウルルと並ぶ聖地カタジュタと風の谷。

風の谷の風はすごい・・・。

カタジュタ カタジュタ(風の谷)  

エアーズロックのサンセット。

その前に白ワインを少々。ちなみにワイングラスを前にエアーズロックに向ければ、

ある一点でエアーズロックが逆さに見えます。

オシャレでしょ。

エアーズロック(サンセット1) エアーズロック(サンセット2)

夜は知り合った友達たちと飲んで踊り明かしました。
 
アウトバックパイオニアでの飲み

6日目、エアーズロックからシドニーへ。

ついたのが夜なので街を少しぶらついてメシ食って就寝。 

シドニー1  シドニー2

シドニー3

7日目、シドニーの名所と街中をスケボーで回遊。

シドニーは坂が多くてスケボーが超便利。



シドニー(ロックスマーケット)  シドニー(オペラハウス)

シドニー(ハーバーブリッジ)  シドニー(オペラハウス:スケボー)

シドニー(パディントンマーケット)  シドニー(LGアイマックス)

シドニータワーからの夜景

8日目は最大のイベント、シドニーマラソン。

ホノルルマラソンと違って日本人がほとんどいませんでしたね。

コースは勾配が激しく過酷なコースです。

でも意外とタイムは良かったですね。

約3時間35分で走れました。1キロ/5分ペースですね。

前日にスケボーではしゃぎすぎたのと、エアーズロック登山で筋肉疲労があったので

万全だったらもっといけそうです。

次は3時間狙えるかも。

シドニーマラソン

9日目(最終日)

最後はやっぱりファッションめぐり。

色んな路面店やショッピングセンターなどに行きました。

オススメはオックスフォード通り付近の路面店。

オシャレなブランドショップが立ち並んでます。

シドニーの中心部は中国系の人がたくさんいましたね。

チャイナタウンもあるし、体感的には1/5ぐらいが中国系の人のように感じます。

シドニー(チャイナタウン)  シドニー(オックスフォード通り)

店頭ディスプレイには大抵URLが記載されてます。

ちょっと日本では見かけないですよね。

シドニー(ディスプレイ1)  シドニー(ディスプレイ2)

シドニー(ディスプレイ3)  シドニー(ディスプレイ4)

世界一美しいと賞賛されるショッピングセンターく、クイーンビクトリアビルディング(左)

シドニーセントラルプラザ(右)

シドニー(クイーンビクトリアビルディング)  シドニーセントラルプラザ

オーストラリアのブランドは世界に多く進出していることもあり、

トレンドとオリジナリティ、高いデザイン性は確かなものだと思います。

オックスフォード通りがまさしくその発信拠点の一つでメジャーブランドの隣に

無名のブランドがあったり、色んなブランドが同じ一帯に並んでます。

これがいい意味で新しいファッションを生んでいるように思います。

ブランドがオシャレな割りに、オシャレな人自体はシドニーにほとんどいなかったような。

夜までファッション巡りをして、電車で空港へ行って日本へ帰国。

シドニーセントラル駅

オーストラリアは見所満載で超オススメです!!!!!!!

特にエアーズロックとキュランダ、グレートバリアリーフには足を運ぶべきです!

地球というものを肌で感じることができます。


とまぁ、語りきれない素晴らしさがある国です。

今回も最高にクールな旅ができましたね。

もっと自分の人生をかっこよく。もっと楽しく。もっとエキサイティングな体験を。

僕の自己満足の旅はまだまだ続きそうですね。

次はどこへ行こうか。

その他の旅録はこちら


コメントを書くor見る:2
track feed
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。