2007年02月26日

ちょっと気になった記事
▼過去15件表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
元の記事[--/--/--(--) --:--:--] | トラックバック(-) |
自分マネジメント

もっと仕事とは別で動きたい。

人脈を広げたい。

同じ志で出合った人たちと何か形にしたい。

アイディアベースではやりたいことは山のようにある。

でも動けない。

時間がないから。

勉強もしたい。

最近WEBスクールにも行けてない。

行く時間がないから。

英会話もはじめなくては。

早く留学したい。

 

と、まぁやりたいことがあるのにそれができない現状に腹が立つ。

仕事が忙しいから?

先週は全て終電帰りだった。

でも仕事が忙しいのは全然苦じゃない。

その大変さが、いづれ役に立つと思うから。

なにより腹が立つのは、忙しくしている自分に腹が立つ。

まだまだ時間を有効に使えていない気がする。

まずは今の仕事量を半分の時間でこなさなくては。

忙しそうにしている自分が嫌いだ。

忙しそうに見える人間は大抵大した人間じゃない。

忙しそうに見せるのは誰だってできる。

常に余裕を持って周りのことを見渡すことのできる人間はできる人間だ。

 

入社当初、社長に聞いてみたことがある。

社員にしなかった理由を。

自分の中では、社会経験も一年に満たなく若いからだろうと思っていたら、返ってきた言葉はマネジメント力が足らないと言われたのを覚えている。

マネジメント力ってなんだよ。

マネジャーでもない人間にマネジメント力って必要なのか?

と思った。

働いてくうちに分かったような気がする。

自分をマネジメントする能力が当時自分にはなかった。

仕事をするにも基本的に自分で管理するようなことはなかったし、何も考えないでも仕事はできた。

自分をマネジメントできない人間に部下をマネジメントすることはできない。

そんな風に思い始めてからは仕事の質が変わった。

まずは、上司の信頼を深めるために、仕事のスピードをできる限り上げた。

頼まれることは全てすぐ対応し完璧にこなす事を徹底。

次第に信頼され始めると、ひとつ大きなクライアントのメイン担当者にしてくれた。

これで大きく変わった。

マネジメントの難しさ、大変さ、責任の重さを生で感じた。

今では、自分マネジメントは問題ない。

そろそろ次のステップへいかなくては。

人をマネジメントする立場だ。

 

仕事は年齢じゃない。

信頼は年齢じゃない。

経験は年齢じゃない。

それを自分に証明したい。


スポンサーサイト
コメントを書くor見る:4
track feed
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。