2007年07月09日

ちょっと気になった記事
▼過去15件表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
元の記事[--/--/--(--) --:--:--] | トラックバック(-) |
夢と理想論

夢を持つことはすばらしいことだと思う。

ただ、夢だと思っていることは、大抵、理想論(机上の空論)に過ぎない場合が多いと思う。

夢をかなえるために本当に行動している人は少ない。

行動をした者のみが夢を達する権利を得ることができる。

権利を得ても夢を達する者はごく一部でしかない。

 

そういえば先月、同じ世代の人がバイトで入ってきた。

大学4年生でファッションフリーペーパーを作ったりなど精力的に活動している。

その人と昼を食べに行くといろんなやりたいことや夢を語ってくれた。

ちょっと前までの自分を見てるような気がした。

語るだけ語って相手の意見を聞かず、自己満足で終わってしまってるところが学生だなぁと思ってしまった。

相手の意見をうまく引き出し、自分の持つ原石を磨いていかなくては結局自己満足で終わってしまうと思う。

 

理想は所詮、理想。

夢を目標に、目標を現実に。


スポンサーサイト
コメントを書くor見る:2
track feed
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。