2009年01月

ちょっと気になった記事
▼過去15件表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
元の記事[--/--/--(--) --:--:--] | トラックバック(-) |
感動のCMたち

考えさせられたり、心に残るCMってありますよね。

僕の心に突き刺さったCMを紹介します。


■屋上の少女(エイチアンドアイ)



■大人になったジブンへ(マクセル)


■たったひとつのたからもの(安田生命)


■天国からのメール(パナソニック)



■海外の感動のCM





やっぱり、人って心ですね。


スポンサーサイト
コメントを書くor見る:0
部下のマネジメント ~空気は読むものじゃない。つくるもの~

空気を読むという言葉があるところが日本人らしくて個人的に好き。

控えめな日本人ならではの美徳意識的な感覚。

ただ、これはビジネスにおいてはありえないと思います。

空気を読むと言うことは、みんなに同調し波風を立てない、

あるいは平穏で目立たないようにする感じ。

極めて保守的で発展性がありません。

かといって空気を読まないことがいいのかというともちろんそんな訳はありません。

空気をつくることが重要。

空気をつくるというのは個々の考えや見解を主張すること。

空気がぶつかり合ってり、入り混じることで時に台風にもなりますが、

その台風のあとには必ず晴天が広がります。

台風のあとの晴天ほどすがすがしいものはないですよね。

ビジネスにおいても激しい議論や討論のあとほど

新しいアイディアや方向性が見えてくるものです。



話は変わりますが最近、会社でマネジメントの面白さと難しさを体感しています。

こんな一匹狼の僕にも何故か部下がいます。

正直少し前までは優秀で互いに討論ができる人材しか

自分のチームには要らないと思っていて特にチームとして動きもせず、

なんとなく部下がいる感じでした。

でも今後経営だとか考えていくと、理想ばかり望んでたら一向に進歩しないし

自分の成長にもならないと思い始め、今は部下のマネジメントに力を入れてます。

部下は女性で、元々情緒不安定な性格でもあるため

とてもマネジメントが難しいですが、この人を成長させられれば、

大抵の人をうまくマネジメントできるんじゃないかと思います。

意識してマネジメントするようになって1ヶ月が経ちましたが、

自分でもびっくりするぐらい成長してくれました。

何をしたかというと、とにかく本質で考えることを教え込みました。

ロジカルシンキング的な考え方ですね。

提案資料をつくるにしても、誰に提案する資料なのか、

どうすればサービスを最大限魅力的に見せれるか。

そもそも価値あるサービスなのか。などなど。

そしてまずは僕自身の資料を見せて真似させました。

2ヶ月前に彼女が作った資料と今回作った資料を見比べると

物凄い成長が見受けられます。

きっかけやヒントを与え、モチベーション管理さえできれば

人は結構速いスピードで成長できるんだなと感じました。


ただ、まだ彼女は僕の後ろをくっついて来ているに過ぎません。

僕が望んでいるのは最初に述べた、空気を作り台風を起こさせることです。

僕の考え方の模倣では単に同じ空気をつくっているだけで、

台風は発生しません。少し効率が上がる程度でしょうか。

なので今は第二フェーズで、とにかく僕の発言に「何故?」

という疑問を持たせるようにさせてます。

「何故?」を徹底することで無理やり僕とは違う観点を見出さなくてはいけないため

自然と違う考え方を主張できるようになります。


といってもここまで行くにはまだまだ時間がかかりますね。

彼女は自分のことを「すごい頑張った」とか「私の実力は今はココだからできない」

とか口に出してしまうんです。

これは自分の限界はココです、これ以上は今はできない人間なんです。

って宣言してしまっています。

自ら成長していく人は限界値なんて自分で言わないし、

まず、「できない」っていう言葉は存在しません。

この考え方を捨てさせないと、自ら成長できない上に、

教えないと成長できない人で終わってしまいます。


この考えを撤廃させることが次の第三フェーズですね。

第三フェーズをクリアすればもうマネジメントの必要もほとんどなくなるでしょう。

なぜならその頃には自ら成長できるようになっているからです。

自己成長できる=セルフマネジメントができる


究極のマネジメントは自身をマネジメントし、他人をマネジメントし、

他人自身が自身をマネジメントし、他人が他人をマネジメントする。

この連鎖反応をつくることではないかと思います。

コメントを書くor見る:0
中国(上海)一人旅 録+杭州&蘇州

12月29日から1月3日の6日間で中国の上海に一人旅に行きました。

今回の旅はネタになることばかりのとてもひどい旅になりましたね。

ここまで不幸が重なると笑えてきます。

というか単に僕の不注意なだけなんですけどね。。。

でも逆にいい思い出になった気もします。

そんな中国(上海、杭州、蘇州)一人旅の思い出の一部をご紹介。

まずは概略。

1日目(12月29日)

夜遅くに着いたのでホテル行って就寝。

2日目(12月30日)
スケボーで街中散策。
主に中国のファッション事情を知りたかったので主要ストリートや百貨店に行きました。
それと浦東でとてつもなくでかいビルやタワーを見学。
※この日の災難
スケボー乗って疲れて休憩しているとこに日本語を勉強中の中国人に出会う。
時間も余裕があったので一緒にお茶したら5万ボッタくられた。

3日目(12月31日)
引き続きスケボーで街中散策。
主要観光地やローカルなところを巡りました。
中国雑技団のショーも見ましたが、これは素晴らしいですね。
超エンターテイメントです。
そしてクラブ&バーでカウントダウン。
※この日の災難
カウントダウンの雰囲気と酔いに浮かれ、スケボーで外国人と遊んでいたら
いつの間にかマフラーが飛ばされてなくなってしまった。
5000円の損害。

4日目(1月1日)
新幹線で蘇州へ。
年始ということもあり人が多くチケット買うにも苦労しました。
結局蘇州の滞在は4時間ぐらい。
※この日の災難
新幹線の時間まで2時間もあったので駅前でスケボーの練習。
カメラがポケットから飛び出し、落下。
カメラの起動が不能に。
よってこの日は写真を一枚も撮れず。
翌日からは携帯のカメラで撮影。

5日目(1月2日)
新幹線で杭州へ。
これも同様にチケット購入に苦労しました。
杭州の滞在は3時間ぐらい。
※この日の災難
滞在時間が3時間しかなかったので、杭州で有名な西湖を1周しようとスケボーで回遊。
スケボーは中国じゃかなり珍しいので超注目を浴びます。
目立ちたがり屋の僕は気分を良くし、調子に乗ってトリックをかましまくってましたが
ウォーリーの着地に失敗し、転倒。スケボーだけが一人歩きし、そのまま湖へダイブ。
そして僕もすぐさまトランクス一丁になってダイブ。
真冬の湖は極寒で一分で諦めました。
さよなら相棒。西湖で安からに眠れ。
そんな僕の周りにはたくさんの中国人がたかってましたね。

6日目(1月3日
お土産買って、リニアモータカーで空港へ。
400キロ越えのスピードはヤバイ。
※この日の災難
特になし。これだけ災難が続けばさすがにもうないだろ。



とまぁこんな感じでスケボーがらみの災難が凄まじかった旅でした。

相棒がいなくなってしまったので今日また新しい相棒を作ってきました☆

今度の相棒は災難じゃなく、幸せを運んでくれると良いな。

災難が何かと続いている今日この頃なので、スケボー買いに行くついでに

大宮の氷川神社に参拝しに行って、厄除け、縁結びのお守りを買っときました。

おみくじも大吉が出たので今年はもう大丈夫!?


さて、話を戻しまして中国での写真もアップしておきます。

【上海の百貨店】

上海久光百貨店  Plaza66

梅龍鎮広場(伊勢丹)  梅龍鎮広場(伊勢丹2)

新世界  上海市第一百貨商店

上海市第一百貨商店(内部)  上海百聯世茂国際広場

上海時装商店  PARKSON百盛

永新百貨  東方商厦

上海綿江国際買物中心(伊勢丹)

日本の百貨店も進出していて想像していたよりも大規模でキレイで洗練されてました。

百貨店やデパートなど上海だけでも数多くあって今回載せたのは主要なところのみ。

ただ、思うのはカジュアル・若者向けの商品が十分でないなという気がしました。

レディースはまだしも、メンズでオシャレなブランドは見当たりません。

確かに市場的に若年層は魅力が薄いと言うのもありますが、

安くてカッコイイ上海ブランドが出てきてもいい頃なんじゃないでしょうか。

日本のストリートのような発展はまだこれからのようですね。


【SPAブランド】

上海H&M  上海ZARA

上海ユニクロ1  上海ユニクロ 2

H&MやZARAに比べて店舗の大きさ的にはユニクロは小規模でしたね。

立地はいいところに出してました。

まだ本格的な進出はこれからですね。

雑誌なんかは日本の雑誌がたくさんありました。

中国の会社の広告に浜崎あゆみ起用しているものがあったりと、

日本のファッションリーダーは中国でもファッションリーダーのようです。

広告では金城武がやたらと目にとまりましたね。

世界的に活躍しているだけあります。


【ストリート】

南京西路  南京東路

淮海中路  田子坊

ローカルな道  上海老街

田子坊がやばいオシャレです。これは中国のローカルな雰囲気と

他国の異文化が入り乱れてる感じで新しいファッションやカルチャーが

生まれそうな雰囲気を感じさせられます。

上海老街は中国らしい感じでいけてますね。

他の主要なストリートはキレイに整っているって感じで

日本で言う原宿、表参道、銀座あたりな感じです。


【観光・夜景・風景など】

静安寺  人民広場

漢字  犬

久光百貨のイルミネーション  東方明珠塔

東方明珠塔からの夜景1  東方明珠塔からの夜景2

金茂大厦88層観光庁  上海環球金融中心

スケボーと俺と夜景

杭州2  杭州1


人民広場でのスケボーは何か気分がいい。

海岸沿いで夜景を見ながらのスケボーも気分がいい。

ストリートでのスケボーも気分がいい。

上海は意外とスケボーやるには良い環境かもです。

警察が山ほどいますが注意を全くされませんでした。

外国人のスケーターと一緒にちょっとした道のスペースでスケボーやってると

野次馬がやたら集まってきます。

ちょっとしたトリックでもオォーという声が聞こえるのが何かイイ感じ。

別に大してうまくないのにうまくなった気分になります。

夜景はやっぱりすごいですね。

最近完成した世界一高いビル、上海ヒルズ(上海環球金融中心)はかっこいいですね。

さすが日本が世界に誇る森ビルの技術ですね。

角度を変えてみるとまるで刀のような表情をします。

この妖艶さがなんとも素敵です。

そして僕のスケボーが沈んだ西湖も景色は素敵です。

みなさん西湖をスケボーで周るようなことはしないようにしましょう。


【ご飯】

吉野家の牛丼  お好み焼き

牛肉のラーメン  ちょっと有名な店で食べたご飯

上海のご飯はおいしいですね。

世界各地のご飯を味わえますので、東京と同じ感じです。

ローカルな店とか屋台であれば200円以下で食べられるのでやっぱり安い。


【エンタメ】

中国雑技団の会場  中国雑技団の会場内部



中国雑技は最高のエンタメですね。

上海行ったら絶対見るべきです。

動画はカウントダウンのときのです。

クラブ兼バーになっててオシャレなところでした。



以上、楽しくも悲しい中国一人旅でした。

今年は最高にインパクトのあるスタートが切れたことだし、

この調子でこの一年を人生の中でインパクトのある年にしようと思います。


その他の旅録はこちら
コメントを書くor見る:2
track feed
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。