商標の価値と重要性

ちょっと気になった記事
▼過去15件表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
元の記事[--/--/--(--) --:--:--] | トラックバック(-) |
商標の価値と重要性


商品やサービスを展開していく上で商標の重要性をしっかり認知する必要がある。

もしグローバルに大規模でやるならなおさら。

しかし商標の価値が薄れているのも事実。

現代はハイテク模倣時代。

商標登録したところで高度に模倣され、世の中は偽者で溢れかえっている。

取り締まることなんてほとんどできていないのが現状。

代表的なのは高級ブランドのアクセサリーや小物など。

本物以上に世の中に出回ってしまっている。

じゃあ商標登録する必要(価値)がないじゃないか。

と思ってしまいますがそうもいきません。

何故なら本物が偽者になってしまう可能性があるからです。


例を挙げるとクレヨンしんちゃんや無印良品が代表的です。

中国でクレヨンしんちゃんグッズを販売しようと中国の商標手続きを行なったら、既に別の中国業者に登録されていたんです。

商標が取れないので本家本元の商品を中国で販売できない状態になってしまったわけです。

もし本家本元が中国でクレヨンしんちゃんと題して販売したら模倣品扱いで罰せられてしまいます。

無印良品も同じく中国業者に商標を先に登録されていて「無印良品」という名では販売できないのです。

偽者が本物、本物が偽者になってしまうというおかしな現象が起こるわけです。

そういったことを防ぐためにも大きなビジネスをやる際には主要各国において早めの商標登録が必要です。

 

無知じゃ許されないシビアな世界。

経営って大変ですね。

でも起業したいと思ってしまう僕はなんなんでしょう?

自分でも分からない。

コメントを書くor見る:0
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
コメント:
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
track feed
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。