接客のプロ

ちょっと気になった記事
▼過去15件表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
元の記事[--/--/--(--) --:--:--] | トラックバック(-) |
接客のプロ

新年明けましておめでとう御座います。

今年もがんばっていきますので宜しくお願い致します。

早速ですが今日は接客について語ろうと思います。

近年接客の概念が悪い方向に向いていると思う。

本来接客とは客をもてなすことをいう。

現在はどちらかというと売るために行う行為を指すことが多い。

売るための接客。

確かに売上げを考えたとき、特に一日のノルマがある場合単発的にどんどん売っていく必要があるため売るための接客を強いられる。

しかしこれって客としては大変迷惑な話だ。

もちろん接客する販売員だっていい気はしないと思う。

本当の接客は客のニーズを的確につかみ、客に自信を持って店の商品を薦める、または提案することが重要だ。

本当にいい商品であれば客は買って満足、着て満足。

たくさんの満足を得ることができる。

これがCS(顧客満足)であり、リピーターへとつながる最重要因子である。

もちろん顧客満足をしてもらうには接客のみならず様々な方法がある。

例えばセールなどの金銭的に満足させるというのも顧客満足のひとつだ。

商売というものを考えたとき、顧客満足は最重要視すべき点であり、しなくてはいけない点である。

今もそうだがこれからも顧客満足とリピーターというキーワードをしっかりと考えていく必要がある。


コメントを書くor見る:0
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
コメント:
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
track feed
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。