ヘッドハンティングされて見えてくる自分の価値

ちょっと気になった記事
▼過去15件表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
元の記事[--/--/--(--) --:--:--] | トラックバック(-) |
ヘッドハンティングされて見えてくる自分の価値

少し前に一本の電話が僕宛にかかってきた。

ヘッドハンティング会社からだった。

スカウト・ヘッドハンティング業界では結構大きな会社っぽい。

実際にスカウトされるのも悪い気はしない。

自分を求めてくれる会社があるのであれば、とりあえず聞いてみようと思う。

人に自分自身がどう評価されるのか、自分の価値を知るいい機会だ。

他人の評価こそ本当の自分の価値。

いくら社内で目立っていたとしても、それは単なる井の中の蛙である可能性が高い。

外部の人の評価だからこそ、意味がある。



別に転職する気はない。

今の会社に不満は全くないし、ある程度のポジションも頂いている。

ただ、環境とポジションと待遇が今以上に僕にとってメリットがあるのであれば

場合にによって考えるのは当たり前。

それと今自分が本当に欲しいのは、成長できる環境だ。

それがあるのであれば、最高に魅力的だ。

僕は今の会社での成長は自己流でしかない。

教えてくれる人もいなければ、見習う人もいない。

合っているのか、間違っているのか、その判断さえ自分自身でするしかない。



僕の成長の土台はもはや会社がメインではない。

ビジネス本とプライベートでの仲間とのディスカッションが僕の成長の糧。

そこでインプットしたものを会社でアウトプットしている感じ。

このサイクルは個人的に結構好き。

インプットとアウトプットのバランスが良く、そこそこのスピード感をもって

成長できているのを実感できる。

ただ、物足りなさもある。

もっと桁違いにすごい人と働いてみたいという思いがあるからだ。

それには理由がある。

すごい人に教えてもらったら楽して成長できる。という安易な考えではない。

今の会社に入ったばかりのころ、WEB??HTML??SEO?? 何それ。

そんな当時の低レベルの僕から見た上司は桁違いに仕事ができる人に見えた。

その人は特に僕に何を教えることもなかったけれど、

見えないプレッシャーをずっと与えられてた気がする。

教えてくれ。なんて言えるような雰囲気を出してないし、

とにかく独学と見て盗めるところは盗んだ。

そんな環境が三ヶ月続けばあっという間に成長できる。

その環境をまた求め始めてるのかもしれない。

まぁ今はどんな環境でもそれなりに成長していける自信はある。

ただ、もっとスピード感を持って成長できるのであればそれに越したことはない。



そういえば再来週に社内で社長面談がある。

そこで来期の給与が決まるわけで、まずは社内から見た自分への評価と、

社外から見た自分への評価を比べた上で色んな方向性を考えてみよう。


選択肢がひとつ増えたことで、視野が大きく広がった。

コメントを書くor見る:0
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
コメント:
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
track feed
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。