メディア依存の危険性

ちょっと気になった記事
▼過去15件表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
元の記事[--/--/--(--) --:--:--] | トラックバック(-) |
メディア依存の危険性

メディア、特にTVはどこまで真実を伝えてるんだろう。

最近話題に上がっているlivedoorショック

いろんな報道が飛び交いどれも真実味に欠ける。

元ライブドア社員といってTVに出る人間は大抵半年ともたずに辞めてく連中が小遣い稼ぎのためにやっていることが多いらしい。

そんな人間の言うことなんてほとんどでたらめだろう。

メディア側もそれを承知で採用しているのはどうかと思う。

本当の真実を報道するなら現職員にインタビューすることが妥当じゃないかと思う。

きっとライブドアの社員もでたらめな報道に対してや真実についてあるいは堀江という人間像について語りたいんじゃないかな。

ただそんな場なんてほとんどないし、良いように言えばいったで会社が裏で操ってるって言われかねない。

真実を伝えたとしても会社側の人間の発した言葉なんて世の中に信用されないのが現実。

そんな風に全面的に会社全体を悪者にしたのは紛れもなくメディアだ。

もちろんライブドアは社会的にも法的にも触れることをしたのは悪い。

といってもまだ容疑段階だが…。

ただメディアは真実を伝える義務がある

悪い面を大げさにしているのは事実。

現社会は完全にメディアに依存して疑うことを知らない。

だからこそメディアは中立でなくてはならない。

そして重要なのは僕ら視聴者が真実を知ろうとしなければいけない。

メディア依存は一歩間違えれば誤報が真実になる変な世の中になってしまうのだ。


コメントを書くor見る:0
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
コメント:
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
track feed
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。