僕のオススメ

ちょっと気になった記事
▼過去15件表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-)
元の記事[--/--/--(--) --:--:--] | トラックバック(-) |
やっと出たよ、Googleカレンダー(日本語版)

やっと出ました。

日本語版のGoogleカレンダー

英語版を少し使っていたけど、分かりにくい上にタグを日本語打つと反応してくれませんでした。

それもこれも日本語版で全部解決ですね。

Googleカレンダーのいいところは共有できるってことじゃないですかね。

いつでもどこでもカレンダーを共有できる。

例えば、飲み仲間とひとつのカレンダーを共有すると、いつ何時どこで飲むかを書いておけば忘れることもなく、メールをみんなに打つこともなくなります。

例えば、友達の誕生日を書いておいてリマインダ機能を使えば、メールなどで事前に知らせてくれます。

あ、ちなみに僕、9月28日誕生日なんで♪

使い道は人それぞれ、用途によっていろんな使い方ができますね。

こんな便利なもの、使わない手はないでしょう。

 

Google, Yahoo!, microsoft どこも同じような物凄く高いレベルのツールを無料でどんどん提供してくれます。

恐ろしい時代ですね。

はたから見ていると競走というよりも潰し合いのようにも見えます。

この3大企業が頑張れば頑張るほど、便利な世の中になりますが、ネット上でのビジネスモデルが難しくなるのも事実です。

というのも、無料で尚且つ高性能なものが存在してしまうと、いいものをつくってもお金を取りにくくなってしまいます。

WEB1.0の時代はオンラインマップは有料で成り立っていたし、翻訳ソフトももちろん有料が当たり前。

しかしGoogleの誕生でこれらのビジネスモデルは成り立たなくなりました。

現在WEB2.0と騒がれていますが、ビジネスモデルは至ってWEB1.0から進化していません。

強いて言えばロングテールの法則ぐらい。

最近だとドロップシッピングとかもWEB2.0に入るんですかね。

個人的には全然魅力を感じませんが。

 

WEBの最先端を追うビジネスは高い開発力と労力を伴う割りに稼ぎにくく、ビジネスモデルは基本的に後付け。

いいものを作ってから稼ぐ方法を考えるといった感じが多いです。

典型的なのはYouTubeですかね。

最近ようやくワーナーと提携したとか。

しかし、未だちゃんとしたビジネスモデルを築けていません。

 

WEB2.0はビジネス観点から見ると実はもう時代遅れなのかもしれません。

ビジネスはアイディア、発想、ビジネスモデルありきだと僕は思います。


コメントを書くor見る:0
最新のサラリーマン

最新のサラリーマン


うちの社員がスタバでパソコンを開いていたら、

「あ、最新のサラリーマンだ!」といわれたそうです。

ちょっとうけた。。。

それはさておき、最新のサラリーマンはやっぱり常に情報を知っていないとだめですね。

人それぞれ、情報の入手先、媒体等は違うと思いますが重要なのはその情報をどう整理し共有するかだと思います。

僕の情報の入手先は基本的にはやっぱりインターネットですね。

あとは週刊誌もちょくちょく買います。

特にこれは絶対というのはなく面白そうだとか興味を持ったものを買います。

東洋経済日系ビジネスアスキー(時々見るとおもしろい)なんかが多いですかねぇ。

新聞はほとんど読みません。

ちょっと前ですが8/26週間東洋経済でYAHOOの社員や業界で活躍する人の情報整理についてのインタビュー記事がありました。

多くの方がRSSリーダーを使っての情報収集ですね。

逆にネットは使わず、雑誌のみという方もいました。

みなさんはどうやって情報を集めてますか??

気が向いたらコメントに書いていただけるとうれしいです。

 

情報を集めたら次は整理ですね。

そういった面ではITを駆使するといいですね。

僕は情報整理に4つのツールを使います。

流れはこうです↓

①RSSリーダー(livedoor reader
情報を入手

②ソーシャルブックマーク(livedoor clip!
RSSリーダーを読みながら気になった記事があったらブックマーク。
あとで読み返したり、同じ記事をブックマークしている人のブックマーク内容をチェックしたりする。

③ソーシャルブックマーク(del.ici.us
気になったサイトやツールがあったらブックマーク。
同じサイトをブックマークしている人のブックマーク内容をチェックしたりする。

④スタートページ(protopage
ブックマークや簡易メモ、IDやPASS(自分以外は見れないセキュリティのかかったページ)管理などマイページとして多用してます。

これらを使って情報整理を行っています。

上記のツールはすべてブラウザのリンク機能を使ってワンクリックでブックマーク登録などできるようになっています。

この機能はマジですごい便利ですよ。

ブラウザリンク

うん、俺もなかなか最新のサラリーマンですね!?

最新のサラリーマン、、、、、

言われても全然うれしくない響きだ。

 

話は変わるりますが、今日は草野球大会準決勝で、審判の誤審にぶちぎれてしまいました。

危うく退場になるとこでした。

勝負に本気だからこそキレたことなんでどうかチームメイトの皆様お許しを。

来週の決勝は気持ちよく勝ちたいですな!


コメントを書くor見る:0
FONで広がるユビキタス社会

FONによってユビキタス社会が広がりそうな気配。

 

FONはスペインの会社で今月日本法人が設立されました。

サービス内容は自宅で使っている無線LANのアクセスポイントを開放する代わりに他人のアクセスポイントを利用できるというものです。

まさにGIVE and TAKEの関係です。

これが全世界に広がっていけば全世界でインターネットを自由に使えることが可能となります。

出資先はなんとSkypeやGoogleという面々が揃います。

相当期待してるんでしょうね。

このインフラが広がれば、移動しながらSkypeをすることだって可能になります。

すばらしいですね。

そのインフラを広げるためにFONでは九月より格安の無線LANルータを販売します。

その価格は2000円を切るとか。

単純に安い。。。

僕は最近ノートパソコンを買ったので早速販売されたら買おうと思ってます。

 

インフラを敷くって大変ですね。

なんでもそうですがインフラを広めていくこと自体にはビジネス要素はありません。

資金と忍耐とそれ自体の魅力が必要ですね。

インフラを敷いてからようやくビジネスが成立できるわけです。

 FONのサービスは主に3つ。

①LINUS
自分のアクセスポイントを無料で開放する代わりに他人のアクセスポイントを無料で利用できる。

②BILL
自分のアクセスポイントを解放しALIENからの収益をもらう。
※おそらくこれがFONの主な稼ぎ柱になるのかな。また、提供者はその収益の半分を得ることができるのでちょっとしたアフェリエイト的なことができます。

③ALIEN
アクセスポイントを開放せず、FON利用時にアクセスの使用量を支払う。

 

今後の展開にかなり期待です。


コメントを書くor見る:0
今日の情報は明日にはもう古い。

自分のブログをちょっと読み返してみました。

少し前に書いた記事はもうほとんど価値のない情報ばかりでした。

時代の流れはものすごく速いサイクルで回ってるんだなと痛感しました。

特にITに関しては1日前の情報はもう昔の情報になってしまいます。

最新情報を知ることがまずITに携わる人間にとっては必須ですね。

そういった意味でもrssリーダーは欠かすことのできないツールです。

僕の毎日の情報源です。

僕はrssリーダーにlivedoorのリーダーを選びました。

名前を聞くと、『えっ』と思うかもしれませんが意外にもものすごく使いやすいんです。

しかも海外のものに負けないぐらいトレンド技術も組み込まれてます。

バリバリAJAXなんです。

海外の最新トレンドのリーダーもいくつか使ってみましたが、やっぱり毎日使うものにものすごい技術や様々なオプション的機能は必要じゃないです。

しかも英語じゃ使いづらくてしょうがない。

ということでlivedoorリーダーを使ってます。

今後この会社自体どうなるかわかりませんが、今現在お勧めツールのひとつですね。


コメントを書くor見る:0
track feed
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。